アメリカ末期がん患者のダニエルさん フォースの覚醒を鑑賞!

ブログランキング参加中
こちらから他の映画情報も見れます。
映画ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ

今週木曜日に、作成途中のフォースの覚醒がアメリカ在住の一人の男性の為に

公開予定日より1か月以上先に上映された。

この男性はアメリカのヒューストンに在住する32歳のダニエルさん。彼は末期がんを

患っており、今年7月に余命2か月を宣告されていた。

彼の妻のアシュリーさんは大のスターウォーズファンである夫のダニエルのために

何とか生きて、元気にフォースの覚醒をみせることができないか、インターネットを

使って活動を展開。

これが世間に広まるのはそう遅くはなかった。 瞬く間にこの情報は監督のJJの耳まで

入り、ダニエルさんは世界で初めてフォースの覚醒をみた一般人となった。

最初にフォースの覚醒を見たのはイギリス人(イギリスでは1日早く公開)でもなく、

エール・フランスの搭乗客でもなかった。

これに対して出演者のデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガそしてマーク・ハミルも

Twitterでコメントしている。

アシュリーは感謝のコメントをFacebookに綴っており、最後に「May the force be with you all. (フォースと共にあらんことを)」と締めくくっている。

ブログランキング参加中
こちらから他の映画情報も見れます。
映画ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です